PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GPV-1途中経過【トビ氏】

精度の甘さに泣かされつつ、
何とかここまで組み上げた。

アメリカンなGPV-1は何故かキットに付属のネジ類だけでは足りないので、
何度かラジ屋にネジ類を補給しに走った。
特に3mmと2mmがかなりの数足りないよ。

RTR車で問題になった「スパーギアが欠ける」トラブルへの対策で、
カワダのスパーギア48P65Tを小加工して取り付けた。
他の部品に干渉することなく、なんとかギリギリ装着可能な直径!ヒヤヒヤものです。
これで仮にまたスパーギアが欠けても手軽に部品が入手出来る。
でも、ギア欠けの根本的な原因が未解決。

搭載するモーターがエンルートのKV4500。
これがシャフト径が2.3mmなのでピニオンの選択肢もそれ程多くなく、
スパーギアとのピッチの関係で、同じカワダのピニオンギア14Tをセレクト。

これから足廻りの組み立てに入ります。


関連記事
スポンサーサイト

| Venom GPV-1 | 20:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sogoman.blog103.fc2.com/tb.php/3-ee1f4105

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。